2021年度 フンドーキンカップ Q&A集

 

Q:駐車場はどこですか?

A:南駐車場・西駐車場・E駐車場です。

 

Q:大会当日、補助員は何時に、どこに集合すればよいですか?

A:8時30分に、地下2階の213号室に集合をお願いいたします。役割分担のIDを配布し、主任審判員との打ち合わせをいたします。また、昼食は各自で準備をお願いいたします。

 

Q:受け付け開始時刻は何時ですか?

A:7時30分です。入場者は健康チェックシートを必ず提出してください。県外から参加する選手および指導者・保護者は、検査時の同意書を一緒に提出してください。

 

Q:受け付け場所はどこですか?

A:受け付けは西ゲートで行います。県北・大分市・県南・県外クラブ・審判の5か所の受け付けがあります。

 

Q:受け付け完了の証明はどのようになるのですか?

A:受け付け完了後、選手には青色、保護者にはピンク色、指導者には緑色のリストバンドを配布し、装着していただきます。そのリストバンドが受付完了の証明です。入退場では必ず係員に見せてください。

 

Q:クラブの指導者は、何名まで競技場に入れますか?

A:最大で6名までです。

 

Q:選手・指導者の待機場所はどこですか?

A:選手・指導者の待機場所は、1Fフロアと地下観客席限定です。(2F観客席には行くことはできません。)

 

Q:選手・指導者の待機場所は、どのように確保すればよいですか?

A:クラブの指導者1名のみ、受け付け開始10分前に入場を許可し、クラブの待機場所を確保することができ

ます。その方は事前に受け付けを行います。

 

Q:保護者の観覧席はどこですか?

A:保護者の観覧席は、2F観客席限定です。(1Fフロアおよびサブトラックへの入場はできません。)

 

Q:選手の保護者は必ず入場しないといけないのですか?

A:児童の発達段階を考慮したもので、必ずしも入場する必要はありません。

 

Q:競技場内で、保護者が選手へ荷物の受け渡し等をすることは可能ですか?

A:申し訳ありませんが出来ません。荷物や補助食等の受け渡しは、入場前に済ませておいてください。

 

Q:入場・退場は、どこからできますか?

A:西ゲートのみ入退場が可能です。入退場の際は、リストバンドの提示をお願いいたします。

Q:プログラムの配布や販売はありますか?

A:配布や販売は行いません。必要な場合は小陸連HPからダウンロードしてご持参ください。

 

Q:選手の撮影には許可が必要ですか?

A:望遠付きカメラで撮影する場合に限り、必ず受け付けで申請して許可証をもらってください。

 

Q:横断幕・のぼりは掲示できますか?

A:できます。待機場所付近やトラック壁面への掲示が可能です。指導者または選手が行ってください。(保護者は、メイントラックや1Fには行くことはできません。)

 

Q:ウォーミングアップはどこで行うことができますか?

A:サブトラックを使用してください。選手・指導者のみ入場可能です。入場の際は、リストバンドを係員に提示してください。熱中症対策のためクラブのテントの設置が可能です。外周の芝生エリアをご使用ください。サブトラックには、第2ゲートを通って移動することができます。

 

Q:雨天時のウォーミングアップはどこで行えばよいですか?

A:雨天の場合は、メイントラック内(ドーム内)でのウォーミングアップを許可します。場所等の指定は当日アナウンスいたします。

 

Q:ハードルの練習場所はありますか?また、持参したハードルを使用してアップをすることは可能ですか?

A:サブトラック8・9レーンにハードル練習場所を設置しています。注意してご使用ください。持参のハードルはドリル等に限り使用可能です。ただし、コース内への設置はご遠慮ください。

 

Q:ジャベリックボール投げや走高跳もサブグラウンドで練習できますか?

A:ジャベリックボール投げについては、フィールド内芝生にコーンで囲んだ専用場所を設けています。注意してご使用ください。走高跳の跳躍練習は、サブトラックに設置しておりません。(小学生用の薄いエバーマットがないため)。招集後、メイントラックのピットで跳躍練習が可能です。

 

Q:800mのスタートはどのような形式ですか?

A:最初の100mは自分のレーンを走る、いわゆる「セパレートスタート」の形式です。詳しくは小陸連HPに記載していますので、ご覧ください。